×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


パソコンを使ってMP3で録音する(簡易ページ)

つまり、色んな音をパソコンに保存する為の方法ってこと。
録音方法は色々とあるけど、昔、録音した音楽(カセットテープ・レコード・8トラなど)をMP3として保存する方法。
アナログ音源は、媒体であるテープやレコードが劣化や磨耗によっていづれは再生不能になる有限の記録媒体。
これをパソコンの音声形式のMP3にしてしまおうということ。
そのほかにもライン出力のある機器からの音やマイク、PC内蔵のMIDI音源など、パソコンのサウンド機能がサポートしている入力は全てMP3として記録できる。

具体的には・・・
ということができます。

使用ソフトは1本で、録音はクリック2回で済みます。(始めたいときに1回、録音を終了するときに1回)

使用ソフトウェア

 午後のこ~だ Ver.3.x 作者サイト

録音できるデバイスの確認

1.Windowsのデスクトップ右下にあるスピーカーのアイコンを右クリックして「ボリュームコントロールを開く」を実行。

2.ボリュームコントロールのオプションからプロパティを実行。

ボリュームコントロール



3.ラジオボタンを録音にする。



4.表示するコントロールにチェックを入れる。



表示されているデバイスからの録音が可能である。



主なデバイス名

Microphone・・・マイク端子にマイクを挿してください。声を録音できます。
Line・・・・・・・・・パソコンのライン入力端子に、カセットデッキやレコードプレイヤーなどをラインで接続して録音できます。
CD Audio・・・・・CDはアナログのライン端子同士がCD/DVDドライブとマザーボードに接続されている必要がありますが、
          現在のPCでは全てデジタルデータとして扱えるので必要ありません。
Stereo Out・・・スピーカーから鳴っている音を録音できます。パソコン上で実行中のブラウザやプレイヤーの音を無理
         矢理録音するときに使用します。再生はできるけどダウンロードできないなどパソコンのスピーカーから
         出ている音声は、これで録音します。

[ OK ] で選択されたデバイスが表示されます。


録音に使用しないデバイスは選択しないでください。ノイズを拾いやすくなります。
使用するデバイスごとにそのつど選択してください。


午後のこ~だ Ver.3.x の設定

録音品質の設定

1.設定の簡易オプション設定を使う場合。



  [ミキサー設定] をクリックすると Recording Control が表示されます。

2.好みの録音品質を選択してください。
  上に行くほどファイルの容量は少なく済みますが、音質は悪くなります。
  下に行くほどファイルの容量は大きくなりますが、音質は良くなります。



標準設定では 128kbps になります。良くも悪くもありません。
もっと高品質な音声にしたい場合や詳細な録音形式の指定は、詳細オプション設定から行なってください。



録音開始と終了

1.ライン入力 MP3録音 というタブをクリックします。



  WAVE入力デバイスの設定は

  Microsoft サウンドマッパー・・・Windowsが認識している標準のサウンド入力デバイスです。
  サウンドカードを直接指定・・・・複数のサウンドカードを使用している場合や、高性能な追加デバイスの指定はこちら。
                     Windowsが認識しているデバイスが一覧表示されます。
                     例:YAMAHA DS-XG Audio (WDM) マイクロソフトが認証しているWDMドライバで動作
                     しているYAMAHAのXG規格MIDI音源チップ内蔵のサウンドカードです。
                     (現在は製造中止。この技術は携帯電話の内蔵音源に受け継がれています。)

2.録音開始と終了

  [録音の開始] をクリックでスタートします。



  [録音の停止] で録音を終えます。

  初期設定ではデスクトップ上に録音されたMP3ファイルが保存されます。
  適宜、そのファイル名をわかりやすい名前にリネームしてください。



問題の解決

音が割れる、録音レベルが高すぎる場合の調整方法

1.外部機器の場合、再生するデッキの音量を下げます。(ボリュームがある場合)

2.外部機器のボリュームが無い場合、Recording Control の音量レベルを下げます。

  

3.録音前に適正レベルを調整する場合

  

  音量メーターの下にある PEAK LEVEL が、最大音量の時で100%以下になるようにしてください。
  選択されている Recording Control の音量レベルを下げます。
  推奨 LEVEL は 80%~90% 前後です。
  最大で100%に達する場合は、音が割れる可能性があります。


アナログレコードも直接MP3に変換できる機器:
exemode SD/CD/RECPRD AUDIO SYSTEM ER-260 楽天から探す



あおもりくまの何にもね~よ!? Topページに戻る